【Web改竄の対策とツール(第7章)】(溝口 弘恵) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

【Web改竄の対策とツール(第7章)】(溝口 弘恵)

「アメリカにおけるWebセキュリティ対策」

特集 特集
「アメリカにおけるWebセキュリティ対策」

アメリカでのファイアーウォール構築の現状

1.セキュリティーアウトソーシング企業について

 ファイアーウォールを構築するには、有能なネットワークアドミニストレーターを雇うか、スタッフをトレーニングするか、アウトソーシング企業に依頼するという3つの方法がある。

 自社でファイアーウォールを構築する場合、TCP/IP,インターネットサービス、ファイアーウォール、VPN(virtual private networks)そしてデータ/通信の暗号化ならびに管理をするネットワークアドミニストレータ−が必要になる。ネットワークアドミニストレータ−育成に費やす費用と時間は、数千人の従業員と4つの営業所をもつ企業と仮定すると、ファイアーウォール導入の初年度に$126,000必要とする。そして現行のWAN維持費に$84,120。トータルで$210,120が必要である。

 構築済のファイアーウォールを管理・維持・サポートを提供してくれるアウトソーシング企業に依頼すれば、年中無休ファイアーウォールを管理するという煩わしさから開放されるのである。
 今回はアメリカにおけるネットワークセキュリティーのアウトソーシング企業を4社紹介する。尚、以下に提示してある<サービス価格>は前述したケースにおいての概算である。


溝口弘恵(Writer)
MizoguchiHiroe@aol.com
http://members.aol.com/hiroem

※本記事は、Scan Security Handbook Vol.5(Web改竄の対策とツール)から の抜粋記事です。Scan Security Handbook Vol.5は下記URLよりお申込いた だけます。詳細&申込: http://vagabond.co.jp/vv/p-sh05.htm


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/scan/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×