感染報告が急増しているウイルスの駆除ユーティリティを無償提供開始(シーエス・イー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

感染報告が急増しているウイルスの駆除ユーティリティを無償提供開始(シーエス・イー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シー・エス・イーは10月12日、国内感染報告が急増している「W32/Apology(W32/MTX)」に対する駆除ユーティリティの無償提供を開始した。
 同ウイルスは実行後に常駐しファイル操作のみで対象に感染し、速いペースで感染を広げていく。また、ユーザに気づかれずにメールを介して感染を広げる。このウイルスの大きな特徴として、アンチウイルスベンダのサイトへの接続ができなくなることが挙げられるが、シー・エス・イーのサイトへは接続できることが確認されている。
 同社では、Sophos Anti-Virusバージョン3.38で対応できると述べている。

リリース
http://www.cseltd.co.jp/security/release/001012apology.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×