暗号化標準を選定(米商務省) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

暗号化標準を選定(米商務省)

 米政府は10月2日、高度暗号化標準(Advanced Encryption Standard:AES)にベルギーの2人の研究者が開発したアルゴリズムを選定した。  このAES選定は米商務省の国立標準技術研究所(NIST)が世界中の暗号開発者にアルゴリズムの開発を呼びかけ、3年にわたる審査を経て

国際 海外情報
 米政府は10月2日、高度暗号化標準(Advanced Encryption Standard:AES)にベルギーの2人の研究者が開発したアルゴリズムを選定した。
 このAES選定は米商務省の国立標準技術研究所(NIST)が世界中の暗号開発者にアルゴリズムの開発を呼びかけ、3年にわたる審査を経て行われた。最終候補に残った5つのアルゴリズムの中から選ばれたのは、Proton World International社のJoan Daemen氏とベルギーのCatholic大学電子工学部の研究者Vincent Rijmen氏が開発したRijndaelアルゴリズムだ。

 128ビット、192ビット、256ビットの鍵サイズがあるAESは、現在使用されている56ビット鍵サイズのデータ暗号化標準(Data Encryption Standard:DES)の後継として使用される。米政府は、1990年代初めからDESに代わる標準の必要性を検討してきた。DESは極秘指定されていない機密扱いデータを保護するため米政府の暗号化標準として採用される一方、多数の銀行によりデータ通信を介した決済にも使用されている。

 1970年代半ばIBM社により開発されたDESは、1977年に暗号化標準として米商務省の承認を得た。しかし現状は、多くのアプリケーションが必要とするセキュリティ・レベルを供給できずにいた。Triple DESとして知られているDESの変種は、DESよりも信頼性の高いセキュリティを供給するが十分とは言えない。
 RijndaelアルゴリズムはDES同様、多数の政府機関により採用される予定
だ。しかし、採用に関し米政府は強制力を持たない。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×