【Web改竄の対策とツール(第3章)】日本ネットワークアソシエイツ株式会社〜Scan Security Handbook Vol.5抜粋記事〜 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

【Web改竄の対策とツール(第3章)】日本ネットワークアソシエイツ株式会社〜Scan Security Handbook Vol.5抜粋記事〜

「不正侵入検知の今後の方向性」

特集 特集
「不正侵入検知の今後の方向性」

1.はじめに

 各企業において、ミッション クリティカルなコンピュータを内部的に、あるいはインターネットに相互連結させることが進行している。これに伴い、侵入者による攻撃の危険性が増し、潜在的な損害の規模も増大している。今日、本質的なセキュリティ ツールとして企業ネットワークで設置が進んでいる比較的新しい技術の1つに、侵入検知が挙げられるだろう。

 現在のますます相互に連係した世界では、侵入検知システム(IDS: Intrusion Detection System)を設置することなく、機密漏洩を検出することは、非常に困難な状況になっていきている。現在、無断アクセスまたはその未遂アクセスを検出するための各種ツールが市場で入手できるが、これらの製品群はどれも、今日の高速かつ最新な大規模ネットワークのトポロジに対応するためには、大半の製品に柔軟性が不足していると言わざるを得ない。

 本稿では、まず、保護を必要とするネットワーク アーキテクチャに対して、これらのネットワーク ベースIDS(Intrusion Detection Systems)が持つ先天的な限界について簡単に明らかにし、そして次に、次世代の侵入検知技術について紹介するつもりである。


日本ネットワークアソシエイツ株式会社
マーケティング本部 プロダクトマーケティング
マネージャ 能地 將博
http://www.nai.com/japan/


※本記事は、Scan Security Handbook Vol.5(Web改竄の対策とツール)から の抜粋記事です。Scan Security Handbook Vol.5は下記URLよりお申込いた だけます。詳細&申込: http://vagabond.co.jp/vv/p-sh05.htm

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/scan/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×