企業ネットワークへのリモート・アクセスに対応したウイルス検出ソフトを発売(McAfee社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

企業ネットワークへのリモート・アクセスに対応したウイルス検出ソフトを発売(McAfee社)

国際 海外情報

 Network Associates社の傘下にあるMcAfee社は9月18日、デスクトップ型アンチウイルス・ソフトのライト版を発売すると発表した。ダイアルアップモデムを経由して企業のネットワークにアクセスする社員に対応するため開発されたソフトだ。10月16日発売予定のソフト“VirusScan TC”は、9月25日からアトランタで開催される見本市Networld+Interop 2000で披露される。

 McAfee社の製品販売担当責任者Ryan McGee氏によると、そのソフトの容量は約3Mバイトで、同社の標準的アンチウイルス・ソフトVirusScan容量の約5分の1程度だという。社外の社員にとって狭い帯域幅の電話回線を使用したダウンロードは悩みの種だったが、ソフトの軽量化が実現したことでその悩みは軽減されるだろうと同氏は説明した。そして同ソフトの開発に際し、不必要と思われる機能について顧客の意見を取り入れたという。例えば、開封前の電子メールをスキャンする機能などは、ほとんどの企業がゲートウェイにアンチウイルス・ソフトウェアを設置していることから排除された。

 同ソフトウエアは、同社のソフトVersion4.03もしくはそれ以前のバージョンを使用している企業をターゲットに売り込まれる予定だ。なぜなら同社製品の旧バージョンは、新型ウイルスが発生するたびに全ウイルス定義ファイルをダウンロードする必要があるためだ。
 VirusScan TCの価格は、25台以下は1台あたり年間49ドル、また26台から
500台までは1台あたり年間28ドルとなる予定だ。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×