ネットワーク・セキュリティへの懸念、高まる(英Siemens Network Systems社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

ネットワーク・セキュリティへの懸念、高まる(英Siemens Network Systems社)

国際 海外情報

 英Siemens Network Systems社の依頼を受けDavid Lewis Consultancy社がネットワーク・セキュリティに関する意識調査を行った。その結果、コンピュータ・システム責任者および最高経営責任者(CEO)の87%が企業のネットワーク・セキュリティの危険性は今後5年間でさらに高まる、と考えていることが明らかになった。調査対象は、英国の上級ネットワーク責任者と500名以上の従業員を雇用する企業のCEO、約300名だ。

 ネットワーク・セキュリティの危険性は今後、変化すると思うか、という質問に対し、57%が著しく増加、そして30%がある程度増加すると答えた。また、英国の企業はセキュリティを重要視しているか、という問いに対し、重要視していると回答したのは僅か30%に過ぎなかった。

 Siemens Network Systems社のCEOであるPeter Halls氏は、サイバー攻撃の潜在的脅威を完全に理解することなしに、企業の電子的資産の防護はあり得ないと述べた。そして「企業が電子商取引を行う際、コンピュータ・ネットワークのセキュリティは最優先事項となるべきだ。今やネットワークなくして、ビジネスは成り立たないのだから。セキュリティ措置は、常に継続して行われるべきだ。つまり、一度すれば後は良いというものではない。今回の調査結果は、英国企業がセキュリティ措置に対し真剣に取り組む必要があることを示唆している」と語った。

 また、Gartner社のアナリストKhalda Parveen氏は「問題は、企業幹部らのセキュリティに対する知識の欠如にある。セキュリティ問題を軽視し、システム強化に十分な予算を充てないCEOがまだ多数いる」と指摘した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×