コピー防止技術を破ったハッカーに1万ドルの懸賞金(SDMI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

コピー防止技術を破ったハッカーに1万ドルの懸賞金(SDMI)

国際 海外情報

 オンラインによる音楽配信の著作権を保護するためデジタル音楽ファイルの不正コピー防止技術の策定に取り組んでいる業界団体Secure Digital Music Initiative(SDMI)は、SDMIのコピー防止コードを破ったハッカーに対し、1万ドルの懸賞金を払う意向を明らかにした。

 SDMIのLeonardo Chiariglione会長は多数のハッカーに向けてSDMIが策定した試作版の電子透かし技術を破るよう呼びかけ、ハッカー・コミュニティに送った公開状には次のように記してあった。『自慢のスキルを皆に披露して、金を稼ぐんだ。そして今後のオンラインによるデジタル音楽配信の健全なる経済活動の育成に協力して欲しい。我々の技術を破った者は、SDMIのコピー防止技術の策定に参与することになる』。尚、応募締め切り10月7日だ。

 SDMIは、同様の募集案内状を米国の一流コンピュータ専門家やカリフォルニア大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学の科学技術関連の学科にも発行した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×