愛国心あふれるハッカー、税務当局のサイトを攻撃(グアテマラ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

愛国心あふれるハッカー、税務当局のサイトを攻撃(グアテマラ)

国際 海外情報

 中米グアテマラのハッカーが9月5日、“国の名誉のため”と称して税務当局のウェブサイトを攻撃し、サイトのサービスが数時間停止する事件が発生した。
 9月4日、新聞社に宛て電子メールで送付された犯行声明には、Prensa Libre紙が報じた『グアテマラには、コンピュータ・ハッカーがいない』とする記事に腹を立てたためと犯行の動機が記されており、さらに「僕はグアテマラにハッカーがいないとする記事に異を唱える。誰かに被害を与えようとか、何かを得ようというのではない。ただ、この国にもハッカーなみの高度なコンピュータ技術を持った人間がいるということを示したい」とし、税務当局のウェブサイトを書き換えたことを告知した。税務当局は最初、攻撃について否認したが、後にサイトの文章が書き換えられていることに気づいた。

 税務当局の広報担当Erika Garcia氏は「今回のハッカー攻撃で被害を受けたのはサイトの文章のみで、機密データに関しては無事だった」と述べ、さらにコンピュータ専門家がサイトのセキュリティをチェックするため数時間、サービスを停止したと付け加えた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×