顧客を騙す本物そっくりの銀行サイト(連邦通貨監督局) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

顧客を騙す本物そっくりの銀行サイト(連邦通貨監督局)

 連邦通貨監督局(OCC)は“ハッカーはもう銀行のコンピュータ・システムに侵入し口座番号やアクセス・コードを盗む必要はなくなった。本物の銀行サイトとそっくりのサイトを開設すればよいのだから”とする警告書を発表し、銀行関係者および顧客に注意を促した。OCCの広

国際 海外情報
 連邦通貨監督局(OCC)は“ハッカーはもう銀行のコンピュータ・システムに侵入し口座番号やアクセス・コードを盗む必要はなくなった。本物の銀行サイトとそっくりのサイトを開設すればよいのだから”とする警告書を発表し、銀行関係者および顧客に注意を促した。OCCの広報担当Dean DeBuck氏によると、数人の顧客が偽の銀行サイトを本物と思いこみ、自身の金融情報を与えた。偽サイトは本物そっくりのコピーではなかったが、かなり似ていたという。例を挙げると、wwwbankofamerica.comである。一見問題のないアドレスに思われるが、本物のアドレスにはwwwの後に.(ドット)が打たれている。その偽サイトは現在閉鎖されているが、数人の顧客が個人情報を漏らした。

 OCC銀行テクノロジー部門の担当者は「現在のところ被害に遭った人はごく僅かで、住所や名前などの個人情報を漏らした程度に留まっている。口座番号の窃盗など深刻な被害はまだ報告されていなが、今後発生する恐れがある」と警告した。そして「顧客が苦情を申し立ててから措置を講じたのでは、遅すぎる。騙された事に全く気づかない顧客もいるのだから」と指摘し、そのような詐欺行為を阻止するためには、顧客を惑わすような紛らわしい名前のウェブサイトがあるか否か、銀行が定期的にチェックする必要があると述べた。前述のBank of Americaの広報担当は「弊社は、見張りを立て監視している」とコメントした。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×