顧客を騙す本物そっくりの銀行サイト(連邦通貨監督局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.27(火)

顧客を騙す本物そっくりの銀行サイト(連邦通貨監督局)

国際 海外情報

 連邦通貨監督局(OCC)は“ハッカーはもう銀行のコンピュータ・システムに侵入し口座番号やアクセス・コードを盗む必要はなくなった。本物の銀行サイトとそっくりのサイトを開設すればよいのだから”とする警告書を発表し、銀行関係者および顧客に注意を促した。OCCの広報担当Dean DeBuck氏によると、数人の顧客が偽の銀行サイトを本物と思いこみ、自身の金融情報を与えた。偽サイトは本物そっくりのコピーではなかったが、かなり似ていたという。例を挙げると、wwwbankofamerica.comである。一見問題のないアドレスに思われるが、本物のアドレスにはwwwの後に.(ドット)が打たれている。その偽サイトは現在閉鎖されているが、数人の顧客が個人情報を漏らした。

 OCC銀行テクノロジー部門の担当者は「現在のところ被害に遭った人はごく僅かで、住所や名前などの個人情報を漏らした程度に留まっている。口座番号の窃盗など深刻な被害はまだ報告されていなが、今後発生する恐れがある」と警告した。そして「顧客が苦情を申し立ててから措置を講じたのでは、遅すぎる。騙された事に全く気づかない顧客もいるのだから」と指摘し、そのような詐欺行為を阻止するためには、顧客を惑わすような紛らわしい名前のウェブサイトがあるか否か、銀行が定期的にチェックする必要があると述べた。前述のBank of Americaの広報担当は「弊社は、見張りを立て監視している」とコメントした。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

    Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

  2. 中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

    中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

  3. ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

    ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

  4. ロシア サイバー攻撃外交 ~ ヒラリーとマクロンのファイルしか流出させなかったプーチンの意図(The Register)

  5. GDPR 施行控えセキュリティ人材が超売手市場、英では給与 1.4 倍に(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. NSAの兵器から生まれたランサムウェアが世界で蔓延、MSが緊急パッチ配布 ~ 対策方法まとめ:ポート番号からサンプルまで(The Register)

  8. ヨーロッパ情報漏えい罰金額相場とEU一般データ保護規則施行が生むビジネスチャンス(The Register)

  9. テスラの死亡事故、ドライバーは37分間のうち36分35秒間手放し運転…米当局報告

  10. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×