FBI、ウィスコンシン大学の大学院生をハッキング容疑で起訴(Qualcomm社) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

FBI、ウィスコンシン大学の大学院生をハッキング容疑で起訴(Qualcomm社)

 ワイヤレス機器メーカーQualcomm社のコンピュータ・ネットワークが数度にわたって攻撃される事件が発生し、FBIはウィスコンシン大学の大学院生を起訴した。同容疑者はQualcomm社のコンピュータ・ネットワークに不正侵入してファイルを窃取し、再びシステムに侵入するた

国際 海外情報
 ワイヤレス機器メーカーQualcomm社のコンピュータ・ネットワークが数度にわたって攻撃される事件が発生し、FBIはウィスコンシン大学の大学院生を起訴した。同容疑者はQualcomm社のコンピュータ・ネットワークに不正侵入してファイルを窃取し、再びシステムに侵入するための“バックドアー”をインストールした疑いがもたれている。
 San Diego連邦裁判所に提出された訴状によると、容疑者はQualcomm社のファイアーウォールとネットワーク・セキュリティを破り、著作権のある情報を含む重要なサーバーを危険にさらした。
 報道筋によると、FBIは現在、インターネットサービス・プロバイダーNetOption社(ロサンゼルス本社)のネットワークへの不正侵入など同容疑者の余罪を追及しているという。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×