サイバー犯罪に対する関心は高いが、万全な対策を怠る(Symantec社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

サイバー犯罪に対する関心は高いが、万全な対策を怠る(Symantec社)

 Symantec社の依頼を受けて市場調査会社Applied Marketing Research社はニューヨークの一般ユーザと『PC エキスポ』に参加したIT関連専門家300人を対象にセキュリティに関する意識調査を行った。それによると、一般ユーザとIT関連専門家はサイバー犯罪に高い関心を示し

国際 海外情報
 Symantec社の依頼を受けて市場調査会社Applied Marketing Research社はニューヨークの一般ユーザと『PC エキスポ』に参加したIT関連専門家300人を対象にセキュリティに関する意識調査を行った。それによると、一般ユーザとIT関連専門家はサイバー犯罪に高い関心を示しているものの、自分のPCにファイアーウォールを設置していると回答したのは僅かだった。

 一般ユーザの87%、IT関連専門家の95%近くがウイルスの攻撃から自分のPCを守るためにアンチウイルス・ソフトウェアを使用していると回答し、ファイアーウォールを設置していると答えたのは、一般ユーザが19%、IT関連専門家は49%に留まった。そして、一般ユーザの85%近く、IT関連専門家の70%以上がサイバー犯罪からPCを防御する方法を知っていると答え、一般ユーザの37%、専門家の69%がソフトウェアを少なくとも月に一度はアップデートしていると回答した。

 この調査結果を受けて、Symantec社の上級副社長Steve Cullen氏は「専門家を含めた全てのユーザがウイルスやサイバー犯罪に対し危機感を抱いていることが窺える。しかし、昨今の脅威からPCを防護するには、基本的なアンチウイルス・ソフトの導入だけでは十分ではなく、ファイアーウォールのようなより堅牢なインターネット・セキュリティ・ソリューションを組み込む必要がある」と提言した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×