企業17,000社の銀行情報が漏洩(オーストラリア財務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

企業17,000社の銀行情報が漏洩(オーストラリア財務省)

国際 海外情報

 オーストラリアの企業17,000社の銀行情報がオーストラリア財務省管轄のウェブサイトから漏洩した。“Kelly”と名乗る男性がABCラジオのインタービューに応え、約27,000社に上る企業情報を保管している財務省管轄のGST情報サイトから企業情報を入手したと述べた。GSTサイトにセキュリティは施されておらず、彼はCGIスクリプトを使って1から27,000の間の数字を入力しただけで、簡単にデータを引き出すことができたという。

 彼はマクロを使用し、情報を入手した17,000社に『GST情報サイトにはセキュリティはない』と記したメールを送信した。さらに各メールには、企業名、住所、電話番号、FAX番号、電子メール・アカウント情報、銀行口座情報を列挙したが、他の企業の情報は一切載せてないという。「私の目的は、サイトにセキュリティがないということを知らせることだ。私自身も企業のデータは見ていない」と述べた。
 オーストラリア財務省のコメントは、まだなされていない。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×