音楽「電子透かし」技術の国際的な評価プロジェクト「STEP2000」を実施(日本音楽著作権協会) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

音楽「電子透かし」技術の国際的な評価プロジェクト「STEP2000」を実施(日本音楽著作権協会)

 社団法人日本音楽著作権協会は、著作権管理団体の国際組織であるCISAC、BIEMとともに、著作権管理団体による音楽「電子透かし」技術の国際的な評価プロジェクト、「STEP2000」を実施すると発表した。STEP2000は、これまでの標準化作業や評価テストの実施を踏まえ、電子

製品・サービス・業界動向 業界動向
 社団法人日本音楽著作権協会は、著作権管理団体の国際組織であるCISAC、BIEMとともに、著作権管理団体による音楽「電子透かし」技術の国際的な評価プロジェクト、「STEP2000」を実施すると発表した。STEP2000は、これまでの標準化作業や評価テストの実施を踏まえ、電子透かし技術の能力認定を行い、認定技術を持つ企業名を公表する。そのため、同協会では参加企業を募集中。申し込み締切は7月14日。評価実験は9月14日までに完了する予定。なお事務局及び実験業務はJASRACの委託により野村総合研究所が担当する。

http://www.jasrac.or.jp/watermark/press.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×