“Killer Resume”の捜査を開始(米連邦捜査局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.30(木)

“Killer Resume”の捜査を開始(米連邦捜査局)

国際 海外情報

 米連邦捜査局(FBI)とコンピュータ専門家らは5月27日、女性の履歴書(resume)を装った新たな電子メールウイルスの捜査を開始した。5月初旬に発生したウイルスはLoveを隠れ蓑にし蔓延したが、今度のは履歴書を隠れ蓑にしたウイルスで5月26日に発見された。

 FBI広報担当Rex Tomb氏は、“Killer Resume”ウイルスはマイクロソフト社Outlook Expressの電子メールシステムを利用して拡散し“EXPLORER.DOC”もしくはRESUME.DOCという名前の添付書類に潜んでいると説明した。そして、金曜にウイルスが確認され月曜日が祝日(戦没将兵記念日)だったため、企業やコンピュータ・ユーザはアンチウイルス・ソフトを更新するなどウイルス対策に講じる時間が充分にあったと述べ、「FBIは、米国民に対しウイルスを警戒するよう呼び掛け万全を尽くした。今後の調査で、国民が我々の警告に耳を傾けたか否か、判明するだろう」と語った。尚、現在捜査中であるため、詳しいコメントは避けた。

 また、McAfee.comの広報担当Shawn Wolfe氏は、“Killer Resume”ウイルスの被害は最小限に抑えられたとし、その理由を最近ウイルスに対する意識が高まり適切な防護措置がとられるようになったため、と述べている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

    勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

  2. Google、イギリス国民保健サービスからのアクセスをボットのサイバー攻撃と勘違いし通信遮断(The Register)

    Google、イギリス国民保健サービスからのアクセスをボットのサイバー攻撃と勘違いし通信遮断(The Register)

  3. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

    iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  4. 沈みゆく船から撤退せよ、史上初SHA-1ハッシュ衝突の成功と今後の排除の流れ(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. 中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register)

  7. トランプ氏の大統領令で混乱生じるさなか、EU・米国間のデータ保護法発効(The Register)

  8. トランプの非アメリカ人のプライバシー権否定の大統領令、大手ネット企業の海外取引への影響(The Register)

  9. 書評「Dark Territory」(3) USCYBERCOM 設立前後 (90年代後半~2000年代初頭)

  10. 書評「Dark Territory」 (4) USCYBERCOM以降 (2000年代初頭から)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×