携帯電話用メールアドレスを標的にする初のウイルス「TIMOFONICA」への各社対応状況 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.27(月)

携帯電話用メールアドレスを標的にする初のウイルス「TIMOFONICA」への各社対応状況

製品・サービス・業界動向 業界動向

 新種ウイルス「TIMOFONICA」がスペインで発見された。この新種ウイルスは、ワームに分類されるトロイの木馬型不正プログラムで、「ラブレター」ウイルスなどと同様にOutlookの機能を利用しメールを介して増殖する。
 新種ウイルス「TIMOFONICA」の特徴として、携帯電話のメールアドレスを標的にメール送信を行う点が挙げられる。携帯電話用のメールアドレスは<電話番号>@<電話会社のサイト名>の形式をとっているものが一般的だが、このワームは電話番号の部分をランダムに作成してメールを送信する。メールを受信した携帯電話上でワームが活動することはないが、マシンのCMOSを壊すという悪質な破壊活動も持っている。メールの件名は“TIMOFONICA”となっており、“TIMOFONICA.TXT.VBS”というファイルを添付している。メール本文はスペイン語。各社の対応状況は下記の通り。


◆トレンドマイクロ
パターンファイル725以降で対応

ウイルス情報
http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/timofonica.htm
パターンファイルダウンロードサイト
http://www.trendmicro.co.jp/support/index.htm


◆日本エフ・セキュア
 エフ・セキュア社は、ラブレターウイルスと同様に、Outlookのアドレス帳に対し、無作為に自身を送付することで感染範囲を広めるウイルス
「VBS/Timofonica」を発見した。このウイルスは、スペインの電話会社テレフォニカ社の寡占状態を批判する文章を送り、このメールを広めることを促す文章が記載されている。なお、この文章はテレフォニカ社のMovistarネットワークを利用しているGSM電話に対しても、メッセージを送信しており、携帯電話にもこのメッセージが送られるのが特徴。しかしながら、携帯電話を介して感染するという物ではなく、感染範囲もスペインの利用者に限定されることになるものと考えらている。
 また、エフ・セキュア社では、今年2月にWAP携帯電話システムをウィルス攻撃から防ぐため、F-Secure Anti-Virus for WAP Gateways(WAPゲートウェイ向けエフ・セキュア社ウィルス対策プロジェクト)を開始している。

ウイルス情報
http://www.F-Secure.com/v-descs/timofon.htm


◆シマンテック
2000年5月30日付以降のウィルス定義ファイルで対応

ウイルス情報
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/v/vbstimofonica.html
ウイルス定義ファイルダウンロードサイト
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/download/download.html


◆日本ネットワークアソシエイツ
対応DATファイル4082で対応

ウイルス情報
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virT.asp?v=VBS/Timofonica&a=T
DATファイルダウンロードサイト
http://www.nai.com/japan/download/dat4.asp


◆シーエス・イー
最新のSophos Anti-Virus IDE ファイルで対応

ウイルス情報
http://www.cseltd.co.jp/security/sav/virusinfo/analyses/vbstimoa.htmideファイルダウンロードサイト
http://www.sophos.com/downloads/ide/resume-a.ide

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IoT セキュリティ 6 つの課題、ルーマニアの技術が生んだ新市場

    IoT セキュリティ 6 つの課題、ルーマニアの技術が生んだ新市場

  2. 兵庫県警の捜査官をSOCに受け入れ、サイバー関連の知識・技術向上を目指す(IIJ)

    兵庫県警の捜査官をSOCに受け入れ、サイバー関連の知識・技術向上を目指す(IIJ)

  3. フリーWi-Fi利用時に独自のVPNを使用し通信を保護するスマホアプリを発売(トレンドマイクロ)

    フリーWi-Fi利用時に独自のVPNを使用し通信を保護するスマホアプリを発売(トレンドマイクロ)

  4. ゲーム形式の対サイバー演習のオンライン版を提供開始(カスペルスキー)

  5. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  6. 加盟店はカード情報の非保持化あるいはPCI DSS準拠--実行計画まとまる(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

  7. 5,000ユーザの「Microsoft Office 365」環境に「CAS」を導入(トレンドマイクロ)

  8. AWS利用の際のセキュリティリファレンスを共同で作成、政府機関向けに無償提供(NTTデータ、PwCあらた、富士ソフト)

  9. 未知のマルウェアを検出した際に、速やかにインシデント解析するサービス(MOTEX、ラック)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×