RSA暗号の功績が評価され、米SC Magazine誌のライフタイム・アチーブメント・アワードを受賞(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

RSA暗号の功績が評価され、米SC Magazine誌のライフタイム・アチーブメント・アワードを受賞(米RSA Security)

 米RSA Security社は、米SC Magazine誌によるMillennium Award 2000において、「RSA暗号」の発明者であるリベスト博士(Dr. Ron Rivest)、アディ・シャミア(Adi Shamir)、エデルマン博士(Dr. Len Adleman)の3人が「ライフタイム・アチーブメント・アワード」(永年功績

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Security社は、米SC Magazine誌によるMillennium Award 2000において、「RSA暗号」の発明者であるリベスト博士(Dr. Ron Rivest)、アディ・シャミア(Adi Shamir)、エデルマン博士(Dr. Len Adleman)の3人が「ライフタイム・アチーブメント・アワード」(永年功績賞)部門を受賞したと発表した。今回の受賞は、RSA暗号アルゴリズムの発明と、実社会への応用をはじめとした、情報セキュリティ産業における貢献が高く評価されての受賞となった。
 SC Magazineは、世界最大手の情報セキュリティ専門誌。米国版、欧州版とアジア太平洋版を発行しており、発行部数は10万部を越える。コンピュータ・セキュリティに関する情報で編集されており、コンピュータ・システム担当者の「必携の書」と言われている。各賞の選考は、同誌の編集とは別に審査員組織の「アカデミーチーム」を設けており、各賞の発表は例年業界から注目されている。

http://www.rsasecurity.com/

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×