“CONCON問題”の英語版パッチプログラムを公開(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.12.01(水)

“CONCON問題”の英語版パッチプログラムを公開(マイクロソフト)

 米マイクロソフトは、CONCON問題として知られている、予約デバイス名など存在しないファイルやフォルダをリンク先に指定してアクセスするとWindows 95/98がハングアップしてしまう問題について、パッチプログラムを同社のWebサイトで公開した。今回、公開されたパッチ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米マイクロソフトは、CONCON問題として知られている、予約デバイス名など存在しないファイルやフォルダをリンク先に指定してアクセスするとWindows 95/98がハングアップしてしまう問題について、パッチプログラムを同社のWebサイトで公開した。今回、公開されたパッチプログラムは英語版のWindowsのみに対応するもので、日本語のWindowsには使用できないので、注意が必要である。パッチプログラムはWindows 95用とWindows 98/SecoundEdtion用が用意されており、各OS毎のパッチを当てる必要がある。
 また、米マイクロソフトでは、パッチプログラムのダウンロードの他に、今回の問題についてのFAQを用意している。

Windows 95用(英語版Windows用)
http://www.microsoft.com/downloads/release.asp?releaseID=19491
Windows 98/98 SE用(英語版Windows用)
http://www.microsoft.com/downloads/release.asp?ReleaseID=19389
FAQ
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/fq00-017.asp


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×