電子メール・システム、メリッサ・ウイルスに感染し機能停止(米ワシントン州) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

電子メール・システム、メリッサ・ウイルスに感染し機能停止(米ワシントン州)

2月14日付けのFederal Computer Weekによると、2月10日午後ワシントン州スノーホーミシュ郡の役場のコンピュータがメリッサ・ウイルスに感染し、電子メール・サーバの機能停止を余儀なくされた。メリッサは昨年(99年)米国に8000万ドル以上の損害を与えたウイルスだ。

国際 海外情報
2月14日付けのFederal Computer Weekによると、2月10日午後ワシントン州スノーホーミシュ郡の役場のコンピュータがメリッサ・ウイルスに感染し、電子メール・サーバの機能停止を余儀なくされた。メリッサは昨年(99年)米国に8000万ドル以上の損害を与えたウイルスだ。
 スノーホーミシュ郡役場に勤める情報処理システム部John Hartwi部長は、「今、ウイルスを駆除しているところだ。影響を受けたのは、我々の主要な通信手段である電子メール・システムだ」と述べ、まだ財務上の損害は算出していないと付け加えた。
 メリッサは電子メールの“重要なメッセージ”の中に潜んでいる。ファイルを開けると、ウイルスは受取人のコンピュータのアドレス帳に侵入し、そこに記載されている最初の50名に同じメッセージを送信する。
 同部長は外部から送られてきた電子メールにウイルスが潜んでいたと説明し、システムは2月18日午後には復旧する予定だと語った。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×