ISS SAFEsuiteに最近の分散型サービス妨害攻撃に対する検出、防御機能を追加(米Internet Security Systems) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

ISS SAFEsuiteに最近の分散型サービス妨害攻撃に対する検出、防御機能を追加(米Internet Security Systems)

国際 海外情報

米Internet Security Systems(ISS)社は、ISS SAFEsuiteソフトウェアソリューションに検出、防御機能を追加し、企業が最近の分散型サービス妨害攻撃から、そのネットワークや個々のコンピュータを保護することを可能にしたと発表した。これは最近起きたYahoo!などの有名商用サイトへのサービス妨害事件に対応したもので、同社社長兼CEO、Tom Noonan氏は、2月15日に行われたクリントン米大統領や国家セキュリティ評議会(N SC)、主要E-Businessインフラストラクチャ提供者とのインターネットセキュリティミーティングにも出席し、対応セキュリティ技術の提供について発言していた。

http://www.isskk.co.jp/press_rel/release/PR000221.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×