AcrobatReader対応デジタルコンテンツセキュリティシステムを発売(ディアイティ) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

AcrobatReader対応デジタルコンテンツセキュリティシステムを発売(ディアイティ)

株式会社ディアイティは、AdobeAcrobatReader対応のデジタルコンテンツセキュリティシステム「Page Vault(ページボルト)」を発売した。同システムは、米Authentica社がPDF文書の安全な配布とページ毎のアクセス制御を目的として開発したもので、キーサーバからの解読キ

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ディアイティは、AdobeAcrobatReader対応のデジタルコンテンツセキュリティシステム「Page Vault(ページボルト)」を発売した。同システムは、米Authentica社がPDF文書の安全な配布とページ毎のアクセス制御を目的として開発したもので、キーサーバからの解読キーがないと読めないというPDF暗号化配布環境を提供するもの。同社は昨年からAcrobat4.0対応版を販売していたが、この最新バージョンでは閲覧ソフトがAcrobatReaderに対応したほか、同時セッション数による価格体系が設定されたことにより、ASPのようなサービスプロバイダへの提供などが可能になっている。スタートパックは25クライアントで98万円から。同時5セッション版は1,500,000円。

http://www.dit.co.jp/pagevault/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×