NASAのサイトを攻撃したハッカーに禁固刑6ヶ月の判決が下る | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

NASAのサイトを攻撃したハッカーに禁固刑6ヶ月の判決が下る

 1月17日付けのYahoo! Canada Newsによると、NASAウェブサイトの改ざんなどコンピュータ・システム侵入の容疑事実を認めたハッカーに禁固刑6ヶ月と罰金6000ドルの判決が言い渡された。

国際 海外情報
 1月17日付けのYahoo! Canada Newsによると、NASAウェブサイトの改ざんなどコンピュータ・システム侵入の容疑事実を認めたハッカーに禁固刑6ヶ月と罰金6000ドルの判決が言い渡された。

 1997年3月5日、Jason Mewhiney(22歳)被告はNASAのサイトに侵入し、インターネットの商業化に終止符を打ちコンピュータ犯罪で服役しているハッカー2人の釈放を要求するメッセージを残した。NASAはホームページ修復のため一時的にサービスの停止を余儀なくされ、その費用に7万ドルかかった。

 同被告はパスワード・コードを破るプログラムを使い多数のコンピュータ・システムにアクセスした。FBIとNASAのコンピュータ犯罪対策チームが同被告の侵入経路をたどり逮捕に至った。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×