NASAのサイトを攻撃したハッカーに禁固刑6ヶ月の判決が下る | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

NASAのサイトを攻撃したハッカーに禁固刑6ヶ月の判決が下る

 1月17日付けのYahoo! Canada Newsによると、NASAウェブサイトの改ざんなどコンピュータ・システム侵入の容疑事実を認めたハッカーに禁固刑6ヶ月と罰金6000ドルの判決が言い渡された。

国際 海外情報
 1月17日付けのYahoo! Canada Newsによると、NASAウェブサイトの改ざんなどコンピュータ・システム侵入の容疑事実を認めたハッカーに禁固刑6ヶ月と罰金6000ドルの判決が言い渡された。

 1997年3月5日、Jason Mewhiney(22歳)被告はNASAのサイトに侵入し、インターネットの商業化に終止符を打ちコンピュータ犯罪で服役しているハッカー2人の釈放を要求するメッセージを残した。NASAはホームページ修復のため一時的にサービスの停止を余儀なくされ、その費用に7万ドルかかった。

 同被告はパスワード・コードを破るプログラムを使い多数のコンピュータ・システムにアクセスした。FBIとNASAのコンピュータ犯罪対策チームが同被告の侵入経路をたどり逮捕に至った。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×