2020年12月のサイバーミステリ小説「#NoMoreFake」(作:大和田 紗希/監修:一田 和樹) | ScanNetSecurity
2023.02.02(木)

2020年12月のサイバーミステリ小説「#NoMoreFake」(作:大和田 紗希/監修:一田 和樹)

イラスト:瀬尾浩史

#NoMoreFake 主な登場人物
・ 影山 遥(かげやま はるか):大学四年生 コールセンターで回線を売るバイト
・ 畠山 和幸(はたけやま かずゆき):遥の上司、敏腕営業マン、ラグビー体型
・ 影山 達夫(かげやま たつお):遥の6つ上の兄、フェイクニュース撲滅の社会運動家
・ 鶴子ママ:小料理屋「おふくろさん食堂」店主
・ 村田社長:大手アフィリエイト会社 アフィット 代表取締役

#NoMoreFake あらすじ
 就職活動を終え、コールセンターでアルバイトをしている大学四年生の影山遥。職場の先輩社員である畠山と行った大好きな小料理屋で、店主の鶴子ママが「切り取り報道」による風評被害を受けていることを知る。フェイクニュースの拡散も伴って、店の客足は目に見えて減っていく。何とかしてあげたいが何もできずにいる遥に声をかけた畠山は彼が進めている「NOMOREFAKE」というフェイクニュース撲滅運動の話をするのだった・・・

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×