ウィズセキュア、Salesforce 環境のコンテンツリスク診断ツールを無料提供 | ScanNetSecurity
2024.02.22(木)

ウィズセキュア、Salesforce 環境のコンテンツリスク診断ツールを無料提供

 ウィズセキュア株式会社は11月27日、Salesforce環境のコンテンツリスク診断ためのブラウザベースの無料ツールの提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向
診断結果のサマリーの一部

 ウィズセキュア株式会社は11月27日、Salesforce環境のコンテンツリスク診断ためのブラウザベースの無料ツールの提供を開始すると発表した。

 同社では既に、製品としてSalesforce環境でのコンテンツ保護サービス「WithSecure Cloud Protection for Salesforce」を、コンサルティングサービスの一環としてクラウド環境診断をメニューの一部としてポートフォリオに持っており、これらの知見をベースにSalesforce環境のコンテンツリスク診断ツールを提供する。

 Salesforce環境のコンテンツリスク診断ツールでは、ユーザーはWebページからSalesforceユーザー数、利用中のSalesforce製品、社内ユーザーのBYODでのSalesforce使用の可否等のいくつかの項目に回答することで、自社の抱えるリスクを簡易的に知ることができる。Salesforce環境のコンテンツリスク診断ツールは、下記URLから無料で利用できる。

Salesforce環境のコンテンツリスク診断ツール
https://cloudprotection.withsecure.com/en/product/risk-assessment-tool-jp

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 二次代理店制度導入や日本円プライスリスト提供ほか ~ KnowBe4 Japan、日本市場へのアプローチ強化

    二次代理店制度導入や日本円プライスリスト提供ほか ~ KnowBe4 Japan、日本市場へのアプローチ強化

  2. 大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

    大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

  3. バイナリコードからの脆弱性検出技術をNECが開発

    バイナリコードからの脆弱性検出技術をNECが開発

  4. Flatt Security の 66.6 %の株式を GMOインターネットグループが取得へ ~ 井手康貴が追う“トリリオン”ドリーム

  5. “世界一自由、世界一ユニーク” 壁のないSOC 「GMOイエラエSOC 用賀」

  6. 総務省サイバーセキュリティタスクフォース資料公開、SBOM強化や施策別予算額一覧ほか

  7. メール専門家が語る DMARC対応のススメ:“注意喚起”だけに頼るなりすましメール対策からの脱却~「No Auth, No Mail」時代に向けて、一歩を踏み出そう

  8. SHIFT SECURITY 創業7年、未経験採用/直接雇用の脆弱性診断士約250名体制に

  9. この診断ツールがいいねと顧客が言ったから これが LAC の AI 元年 ~ AeyeScan がスキャンエンジンに採用されるまで

  10. プルデンシャル生命保険、盗難により1,771名分の顧客情報流出の可能性

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×