「SECCON 2023」新体制発表、GMOイエラエの三村聡志氏が実行委員長就任 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

「SECCON 2023」新体制発表、GMOイエラエの三村聡志氏が実行委員長就任

 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) SECCON実行委員会は7月10日、セキュリティコンテストイベント「SECCON 2023」の新体制について発表した。

研修・セミナー・カンファレンス

 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) SECCON実行委員会は7月10日、セキュリティコンテストイベント「SECCON 2023」の新体制について発表した。

 SECCON は CTF競技 SECCON CTF を中心に、CTF を目指す人向けの「SECCON Beginners」、情報セキュリティ技術に興味がある女性を対象としたコミュニティ「CTF for GIRLS」、セキュリティ技術をハンズオンで学ぶ「SECCON Workshop」、SECCON Contest of Contest に応募された競技やコンテストの企画案・設計案を実際に実施するイベント「SECCONCON」、セキュリティ技術者のためのオープンカンファレンス「電脳会議」のイベントで構成されている。

 SECCON実行委員会では、GMOサイバーセキュリティbyイエラエ株式会社の三村聡志氏が実行委員長に、三菱電機株式会社の木藤圭亮氏が副実行委員長に新たに就任、昨年まで実行委員長を務めた国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の花田智洋氏が副実行委員長として引き続き体制運営牽引をサポートする。

 セキュリティコンテスト「SECCON 2023」は、それぞれ下記のスケジュールで開催予定。また、「CTF for GIRLS 10周年記念イベント」や地方イベント企画も開催を予定している。

・SECCON CTF 2023
予選(Quals):9月16日(仮)~9月17日(仮)(オンライン)
本戦(Final):12月23日~12月24日(オンサイト、東京・浅草橋)

・電脳会議
日程:12月23日~12月24日
場所:浅草橋ヒューリックホール&ヒューリック カンファレンス

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

    開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  2. ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

    ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  3. 自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

    自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

  4. 被告:CISO ~ 実例で考える CISO が訴訟されるリスク

  5. 8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

  6. reject(拒否)へのいばらの道を進むには ~ 日本プルーフポイント「DMARC Conference 2024」レポート

  7. SECON 2024 レポート:最先端のサイバーフィジカルシステムを体感

  8. Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

  9. フォレンジック技術者が語る サイバー攻撃が発生する四つの未知の領域への警鐘 ~ エムオーテックス

  10. 「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×