脆弱性管理プラットフォーム「S4」無償プラン申込受付一時休止、共生と分配の文化醸成に注力 | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

脆弱性管理プラットフォーム「S4」無償プラン申込受付一時休止、共生と分配の文化醸成に注力

 株式会社クラフは11月17日、セキュリティ・マネジメント・システム「S4」の無償プランの申込受付を同日より一時休止すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社クラフは11月17日、セキュリティ・マネジメント・システム「S4」の無償プランの申込受付を同日より一時休止すると発表した。

 S4は、同社が開発した、IT資産管理と脆弱性管理機能を提供するソフトウェアで、9月1日からWebサービス版の提供がはじまり、9月8日にはオープンソース化を公表していた。

 同社によると9月1日のパブリックリリース以降にあった申込みは、有償ユーザーが7%、コミュニティに参加登録したのは35%で、セキュリティを社会全体に広げる役割を担うユーザーの割合が低く、文化を醸成する場となるコミュニティへの参加率が低いことが、可視化されたとのこと。

 同社では、サプライチェーンリスクに代表されるセキュリティの社会課題を解決するために、共生と分配の精神が不可欠と考えているが、その文化の醸成に注力するために、「S4」の無償プラン申込受付を一時休止する。なお、申込みを完了したユーザーは、引き続きS4を利用可能。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×