TSS LINKの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC」Ver.4.1リリース、Microsoft Edge WebView2 に対応 | ScanNetSecurity
2022.10.05(水)

TSS LINKの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC」Ver.4.1リリース、Microsoft Edge WebView2 に対応

 株式会社ティエスエスリンクは7月25日、ファイルの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC Ver.4.1」の同日からの発売を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ティエスエスリンクは7月25日、ファイルの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC Ver.4.1」の同日からの発売を発表した。

 「トランセーファー BASIC」は、機密性の高いファイルの共有に適した情報漏えい対策ソフトで、PDFやMicrosoftのWord、Excel、PowerPointなどのファイルに、「閲覧」「閲覧印刷」「復号」の3種の利用権限とパスワードを設定し暗号化、ファイルのコピーや印刷を禁止することで不正な二次利用を防止する。暗号化したファイルには有効期限を設定し、期限が切れると自動削除もできる。

 これまでトランセーファー BASICで暗号化したPDFファイルの閲覧には、トランセーファー BASIC専用閲覧ツールと Adobe Acrobat/Readerが必要だったが、最新版となる Ver.4.1では Microsoft Edge WebView2 に対応することで、専用閲覧ツールだけで暗号化PDFファイルの閲覧が可能となった。WebView2は、Windows11、Microsoft Teamsなどに標準でコンポーネントが含まれている。

 本誌の取材に対しティエスエスリンクの徳田俊康氏は「これまでPDFの閲覧は、Adobe Acrobat ReaderのコンポーネントとOSに付属しているPDF表示の機能を使用していたが、今回新たにMicrosoft EdgeのPDF表示コンポーネントであるWebView2を使えるようにしたことで、Acrobat Readerのインストールが不要になった。これによってAcrobat Readerのバージョンアップによる閲覧環境への影響がなくなる」と回答した。

 「トランセーファー BASIC Ver.4.1」は、5ライセンス含む基本パックが30万円から、追加5ライセンスパックが10万円からの提供となる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×