Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説 | ScanNetSecurity
2024.04.24(水)

Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

 日本マイクロソフト株式会社は6月15日、Internet Explorer 11 のサポート終了について、同社のブログで発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本マイクロソフト株式会社は6月15日、Internet Explorer 11 のサポート終了について、同社のブログで発表した。

 ユーザーのデバイス(タスクバーや[スタート]メニューなど)には6月15日以降も引き続き、Internet Explore のアイコンが表示されるが、クリックすると、代わりに Microsoft Edge が起動しIE モードにアクセスできる。Internet Explorer は最終的に、将来の Windows Update で永久に無効となり、その時点でデバイス上の Internet Explorer アイコンが削除される。

 リダイレクトプロセスの一環として、ユーザーはお気に入り、パスワード、設定などのデータを Internet Explorer からインポートでき、Microsoft Edge への移行が実施出来る。

 同社ではユーザーの IE モード使用を助けるために、リダイレクトプロセスではMicrosoft Edge のツールバーに「IE モードでリロード」ボタンを追加しており、Internet Explorer以外では正しく動作しない可能性のある Web サイトに遭遇した際にボタンをクリックすると IE モードでページを開くことができる。

 企業組織が通常のビジネスプロセスの一部として古いレガシーサイトを使用している場合は、IE モードを自動化して、該当ページがユーザーに対し自動的に IE モードで起動するように設定可能。

 同社では少なくとも 2029 年まで、Microsoft Edge での IE モードのサポートをコミットしている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×