Cisco Catalyst 2940 シリーズ スイッチにXSSの脆弱性、サポート終了後も製品流通続く | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

Cisco Catalyst 2940 シリーズ スイッチにXSSの脆弱性、サポート終了後も製品流通続く

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月14日、Cisco Catalyst 2940 シリーズ スイッチにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月14日、Cisco Catalyst 2940 シリーズ スイッチにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。サイバーセキュリティ研究団の今岡陵氏が報告を行っている。影響を受けるシステムは以下の通り。

Cisco Catalyst 2940 シリーズ スイッチ 12.2(50)SY より前のファームウェアバージョン

 Cisco Systems, Inc. が提供する Cisco Catalyst 2940 シリーズ スイッチの 12.2(50)SY より前のファームウェアには、ユーザ入力の扱いに不備がありエラーページ生成処理にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在し、当該製品を使用しているユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。なお本脆弱性は、2011年にリリースされた 12.2(50)SY で対策されている。

 当該製品は2015年にサポート終了しているが、2022年現在も製品流通が続いており、JVNでの公表に至った。

 本脆弱性は2011年にリリースされた 12.2(50)SY で対策されているが、Cisco Systemsでは当該製品の使用停止と後継製品への移行を推奨している。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  3. ウクライナと東京を繋げた瞬間 ~ 日本プルーフポイント 増田幸美がこだわるプレゼンテーションスライドの一枚目

    ウクライナと東京を繋げた瞬間 ~ 日本プルーフポイント 増田幸美がこだわるプレゼンテーションスライドの一枚目

  4. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  5. オンラインカジノへ誘導「ライトアッププロムナード・なら」無断模倣サイトに注意呼びかけ

  6. サイボウズ Garoon に XSS の脆弱性

  7. Windows 版 GlobalProtect App における権限昇格につながる任意のファイル削除の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. セキュリティホール情報<2003/05/06-1>

  9. 「非常に激しい雨」「猛烈な雨」とは、雨の強さと降り方の基準について解説

  10. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×