NFT偽物対策に注力、Web3セキュリティツール「eagis」をリリース | ScanNetSecurity
2024.06.15(土)

NFT偽物対策に注力、Web3セキュリティツール「eagis」をリリース

 株式会社woorthは6月9日、Web3セキュリティツール「eagis」のリリースを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社woorthは6月9日、Web3セキュリティツール「eagis」のリリースを発表した。

 「eagis」は、「Easy to get Aegis with “eagis”(簡単に神の盾をeagisで手に入れる)」がサービス名の由来のChrome拡張機能で、危険なサイトや偽物のNFTを検知しポップアップ表示する。

 eagisでは、Google検索で表示される偽サイトや、Discord、Telegramで送られてきたスパムメッセージによって危険なサイトへのアクセスを検知し、ポップアップ表示で防止する。

 またeagisでは、発行された偽物のNFTを買わないよう、ポップアップ表示で防止する。

 同サービスは、アカウント登録や月額費用もかからずに利用可能となっている。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×