2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

 デジタル庁は5月17日、通信暗号化方式「SSL3.0」及び「TLS1.0」「TLS1.1」の無効化について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 デジタル庁は5月17日、通信暗号化方式「SSL3.0」及び「TLS1.0」「TLS1.1」の無効化について発表した。

 e-Govでは現在、通信暗号化方式「SSL3.0」及び「TLS1.0」「TLS1.1」「TLS1.2」の利用を許容しているが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開した「TLS暗号設定ガイドライン 3.0版」で「SSL3.0」が利用禁止とされていること、「TLS1.0」「TLS1.1」について非推奨とされていることを踏まえ、2022年8月末で「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」 の利用を無効化する。2022年9月以降は、「TLS1.2」での通信のみを有効とする。

 現在、「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用している場合、2022年9月以降、e-Govを利用できなくなるため、ブラウザで「TLS1.2」が利用可能な設定となっているか確認するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×