Adobe Illustratorにおいてセキュリティ競合による起動不可の事象 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

Adobe Illustratorにおいてセキュリティ競合による起動不可の事象

 アドビ株式会社は2月6日、Illustratorにおいてセキュリティ競合による起動不可の事象発生について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 アドビ株式会社は2月6日、Illustratorにおいてセキュリティ競合による起動不可の事象発生について発表した。

 同社によると、Illustratorにて「起動コマンドを実行しても反応がない」「1度起動した後、それ以降タスクが残り起動してこない」「何らかの更新やアップデート後にIllustratorが起動しなくなる」といった事象が報告されているという。

 同社では、セキュリティソフトを起動した上で設定画面を表示し、例外設定を選択し下記のフォルダまたは実行ファイルをそれぞれ選択・追加し、設定完了後にPCを再起動しIllustratorの動作を確認するよう案内している。

■フォルダを例外に加える場合
C:\Program Files\Adobe
C:\Program Files\Common Files\Adobe
C:\Program Files (x86)\Adobe
C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe
C:\ProgramData\Adobe

■フォルダの追加が出来ず.exe ファイルを例外に加える場合
C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator 2022\Support Files\Contents\Windows\Illustrator.exe
C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator 2022\Support Files\Contents\Windows\AIRobin.exe
C:\Program Files\Common Files\Adobe\Microsoft\EdgeWebView\msedgewebview2.exe

※「msedgewebview2.exe 」は2021以下のバージョンでは必要ありません

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×