マクニカ、米Eclypsiumのファームウェア保護製品を日本へ | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

マクニカ、米Eclypsiumのファームウェア保護製品を日本へ

 株式会社マクニカは2月2日、日本で初めてとなる米Eclypsium Inc.との製品販売における代理店契約の締結を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社マクニカは2月2日、日本で初めてとなる米Eclypsium Inc.との製品販売における代理店契約の締結を発表した。

 米EclypsiumではOSより低いレイヤに存在する脆弱性へのセキュリティソリューションを提供、同社クラウドベースのSaaSプラットフォームでは、企業が管理する端末やサーバ、ネットワークデバイス等のグローバルネットワーク内のあらゆる場所に所在するファームウェアを識別、検証、強化しサイバー脅威から保護している。

 Eclypsium製品には、ネットワークデバイスのインベントリとファームウェアリスクの可視化とそれらの管理ができ、ファームウェアに存在する脆弱性の検知が可能という特徴がある。またコンソールから、脆弱なファームウェアの修正パッチ適用も行える。

 本契約の締結で、企業が管理する端末やサーバ、ネットワークデバイス等のファームウェアに存在する脆弱性や改ざんの対策を行い、見落とされがちなファームウェアのセキュリティ向上を支援する。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×