大物ランサムウェア攻撃犯三人の「転職」 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

大物ランサムウェア攻撃犯三人の「転職」

 2021 年 10 月 18 日は、ランサムウェア業界にとって厄介な一日だった。まず、ランサムウェアREvil を運営する犯罪組織のサーバに何者かが侵入、それに続いて、重要な役割を担う 3 名の人物が職を変えたのだ。

国際 TheRegister

 2021 年 10 月 18 日は、ランサムウェア業界にとって厄介な一日だった。まず、ランサムウェアREvil を運営する犯罪組織のサーバに何者かが侵入、それに続いて、重要な役割を担う 3 名の人物が転職したのだ。

 スペインの金融サービス大手、サンタンデールグループのサイバーセキュリティアナリスト、ファン・アントニオ・ヴェラスコ氏がその顚末を語った。ヴェラスコ氏は、脅威調査及びセキュリティソフトウェア企業Group-IB が開催したイベント「CyberCrimeCon 21」で、Orange、MRT、Kajit、999 という 4 名のランサムウェアアクターの最近の転職の経緯について述べた。

 彼らは全員、しばらく前からさまざまな犯罪組織で活動していた。Orange は、ロシアを中心に活動する組織Ramp でメインの管理者を務めていた。彼あるいは彼女は、ランサムウェア組織Babuk が 2021 年 4 月にワシントンDC首都警察をランサムウェアに感染させ面目を失わせた後、どんな活動をしていたか詳しく語っている。


《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×