ヤフー、PCからのログインもFIDO2規格準じた生体認証対応 | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

ヤフー、PCからのログインもFIDO2規格準じた生体認証対応

 ヤフー株式会社は12月9日、WindowsやMacなどのパソコンからのアクセスでの指紋・顔認証を利用した生体認証への対応を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ヤフー株式会社は12月9日、WindowsやMacなどのパソコンからのアクセスでの指紋・顔認証を利用した生体認証への対応を発表した。

 ヤフーは2017年からSMSを使用したパスワードを使わないログイン方法の提供を開始し、その後はAndroidやiOSのスマートフォンアプリやブラウザからの利用で生体認証に対応、現在ではアクティブユーザーの6割以上がパスワードを使わない認証方法(SMS、生体認証)を利用している。

 これまでの同社サービスでは、パソコンでパスワードを使わない認証方法はSMS認証のみであったが、生体認証に対応したことで、より多くのユーザーが利便性・安全性の高い生体認証を使いやすい環境を実現した。

 ヤフーのパソコン版の生体認証は、マイクロソフト提供の「Windows Hello」やApple提供の「TouchID」を利用し、世界で次世代認証の標準化を提唱する業界団体FIDOアライアンスが策定した「FIDO2」の規格に則っている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×