ZOHO ManageEngine ADSelfService Plusを悪用する中国のDEV-0322 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

ZOHO ManageEngine ADSelfService Plusを悪用する中国のDEV-0322

Microsoftは米国時間11月8日、ZOHO ManageEngine ADSelfService Plusを悪用するThreat actor DEV-0322についてブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 Microsoftは米国時間11月8日、ZOHO ManageEngine ADSelfService Plusを悪用するThreat actor DEV-0322についてブログで発表した。

 Microsoftでは、CVE-2021-40539に脆弱なZOHO ManageEngine ADSelfService Plusソフトウェアのバージョンを実行しているシステムを危険にさらすために使用されるエクスプロイトを、標的型キャンペーンとして検出した。

 Microsoft Threat Intelligence Center(MSTIC)は、観測されたインフラストラクチャや被害者情報、戦術、手順などから、このキャンペーンは中国で活動するグループであるDEV-0322によるものであると確信してるという。MSTICは以前、DEV-0322の活動として、SolarWinds社のServ-Uソフトウェアを対象とした0-day Exploitによる攻撃を取り上げている。

 MSTICは、DEV-0322による最新のキャンペーンで確認した内容をブログで紹介するとともに、同社のセキュリティ製品による保護について案内している。なお、今回の活動において、マイクロソフト製品の悪用は確認されていない。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×