トレンドマイクロと富士通がコネクテッドカーのセキュリティ対策強化を目指し協業 | ScanNetSecurity
2021.10.27(水)

トレンドマイクロと富士通がコネクテッドカーのセキュリティ対策強化を目指し協業

富士通株式会社とトレンドマイクロ株式会社は10月13日、自動車関連メーカーに向けたコネクテッドカーのセキュリティ対策強化を目指した協業への合意を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 富士通株式会社とトレンドマイクロ株式会社は10月13日、自動車関連メーカーに向けたコネクテッドカーのセキュリティ対策強化を目指した協業への合意を発表した。

 本協業により、富士通が提供するコネクテッドカー向けセキュリティ対策ソリューションV-SOC(Vehicle-Security Operation Center)サービスと、トレンドマイクロのクラウド向けセキュリティソリューション「Trend Micro Cloud One」が連携し、アクセルやブレーキの動作不良など車両の異常に関する情報と、車両と通信するサーバへの検知・防御ログなどのクラウドインフラのセキュリティログを統合し、検知・分析する新たなセキュリティサービスを、2022年1月から日本をはじめとして欧米やAPAC(アジア太平洋)地域などへの提供を目指す。

 本協業で、コネクテッドカーで発生したアラートの把握に加え、攻撃者に狙われやすいクラウドインフラを起点とした脅威を検知し、脅威の侵入箇所や影響範囲の特定、対処が必要なポイントへの適切な対策が可能となり、自動車関連メーカーのコネクテッドカー向けセキュリティ対策を支援する。

 両社は2022年以降に、クラウドインフラ領域に加え車両自体へのサイバー攻撃のセキュリティ対策強化にも取り組む予定。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×