監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕

米国のデジタルフォレンジック調査会社、アーセナル・コンピューティング社によると、起訴の証拠となったデータは、彼のノートパソコンに仕込まれたものであるらしい。

国際
監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕
 あるインド人男性が、インド首相の暗殺を企て、2018 年の暴力的抗議活動を扇動したとされる罪で起訴された。米国のデジタルフォレンジック調査会社、アーセナル・コンピューティング社によると、起訴の証拠となったデータは、彼のノートパソコンに仕込まれたものであるらしい。

 問題の男性、スレンドラ・ガドリング氏は、人権派弁護士で活動家であり、インド政府を頻繁に批判してきた。彼は 2018 年 6 月、「コレガオンの戦い」の記念行事の後に逮捕された。1818 年に行われたこの戦いでは、イギリス東インド会社の部隊が勝利を収め、イギリスのインド支配に大きく貢献した。この戦いには、様々な国、カースト、宗教の戦闘員が参加し、中にはイギリス軍と一緒に戦った者もいた。この戦いは現在でも論争の的となっており、イギリス軍と共に戦った者は裏切り者のようにみなされることもある。2018 年に行われた 200 周年記念イベントでは暴力事件が発生し、少なくとも 1 人が死亡している。
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  2. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

    岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  3. リクルートが実証実験中の不動産会社向けサービスのサーバに不正アクセス、従業者等の情報が漏えい

    リクルートが実証実験中の不動産会社向けサービスのサーバに不正アクセス、従業者等の情報が漏えい

  4. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

  5. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染

  6. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  7. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  8. [特別連載] スティーブン・ポール・ジョブズの人生と時代 第1部 第1回

  9. 仏クラウドサービスプロバイダーOVH、データセンターで大規模な火災

  10. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×