NRIセキュア、リスク可視化と対策状況評価「ファストセキュリティアセスメント」提供 | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

NRIセキュア、リスク可視化と対策状況評価「ファストセキュリティアセスメント」提供

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は7月8日、企業の情報セキュリティに関するリスクを可視化し対策状況を評価する「ファストセキュリティアセスメント」の提供を同日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は7月8日、企業の情報セキュリティに関するリスクを可視化し対策状況を評価する「ファストセキュリティアセスメント」の提供を同日から開始すると発表した。

 「ファストセキュリティアセスメント」は、金融や製造、エネルギー、商社、不動産、物流、サービス業、官公庁等、200以上の企業・組織への提供実績を有する「セキュリティ対策状況可視化サービス」と、1,700社以上が利用するセキュリティ対策実行支援プラットフォーム「Secure SketCH」の特長を活かした新サービス。

 同社が提供してきた「セキュリティ対策状況可視化サービス」は、同社のコンサルタントが平均4~5か月かけて、顧客の情報システム環境に合わせた評価を行い、対策実行を支援するコンサルティングサービス。

 また「Secure SketCH」は、企業のセキュリティ担当者がWeb上で約75の設問に回答することで、自社のセキュリティ対策状況を定量的に可視化し、必要な対策の把握と推進に活用可能なサービスで、対策の推進状況に応じて、いつでも再評価でき、無料で始められる。

 「ファストセキュリティアセスメント」では、企業の情報セキュリティ担当者がSecure SketCHで設問に回答すると、同社のコンサルタントが、選択された回答基準が実態に即しているかどうかをヒアリングし確認、その後、Secure SketCHが自動で推奨する対策案にもとづき、優先度や具体的な進め方をコンサルタントが提案し、最適な対策方針を利用企業とともに決定していく。決定した方針をSecure SketCHに登録し、今後の状況確認に活用する他、第三者による評価結果としてコンサルタントが最終報告書を作成し提供する。

 「ファストセキュリティアセスメント」は、既存のSecure SketCHのプラットフォームを活用することで、「短期間」「低コスト」「低負荷」を実現、アカウント登録から最終報告書の提供までにかかる期間はおよそ2か月間で、料金は350万円(Secure SketCHのプレミアムプラン利用料金を含む)からとなる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×