ユービーセキュア、組織全体のIT資産を可視化し優先的に対処すべき脆弱性を特定 | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

ユービーセキュア、組織全体のIT資産を可視化し優先的に対処すべき脆弱性を特定

株式会社ユービーセキュアは3月15日、脆弱性管理ソリューション「Tenable」の販売開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ユービーセキュアは3月15日、脆弱性管理ソリューション「Tenable」の販売開始を発表した。

「Tenable」は組織全体のIT資産を可視化し、脆弱性や設定上の不備をリアルタイムで発見・管理するための脆弱性統合管理ソリューション。同製品では多様なスキャン方法により、既知の資産に加え、過去に知られていなかった資産を含む全てのOSやミドルウェアのバージョン、パッチ適用の最新状況を可視化、独自の脆弱性データベースとスコアリング技術を用いることで、優先的に対処すべき脆弱性を特定し、適切な調査や修正を可能にする。

「Tenable」を活用することで、企業は脆弱性管理負荷の大幅軽減だけでなく、セキュリティレベルの継続的な維持向上の実現が可能となる。

「Tenable」はクラウド(SaaS)版とオンプレミス版の2種類があり、自社の環境にあわせて選択可能、価格は個別見積りとなっている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×