セキュリティ強化 Ubuntu Core 20、一般公開 | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

セキュリティ強化 Ubuntu Core 20、一般公開

Canonicalは2月2日、IoTデバイスや組み込みシステム向けのUbuntu 20.04 LTSをコンパクトにコンテナ化したUbuntu Core 20を一般公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Canonicalは2月2日、IoTデバイスや組み込みシステム向けのUbuntu 20.04 LTSをコンパクトにコンテナ化したUbuntu Core 20を一般公開した。

Ubuntu Coreは、安全性の高いスマート機器を開発するためにUbuntuアプリケーションのエコシステムで構築されており、今回のメジャーバージョンではセキュアブート、ディスク全体の暗号化、セキュアなデバイスのリカバリによってデバイスのセキュリティが強化されている。

今回のリリースでは、実績のあるUbuntu Coreがベースになっており、修正が必要な大量のOEM機器に対し、セキュリティアップデートや費用対効果の高い無人でのソフトウェアアップデートがどこからでもすぐに可能となっている。

使用しないソフトウェアは基本OSにインストールされないため、OSやアプリの攻撃対象領域は最小限に抑えられ、そのためセキュリティアップデートのサイズと頻度も低くなる。また、Ubuntu Core上のすべてのSnapは完全に隔離されているため、危険にさらされたアプリケーションからの損害は限定される。

ハードウェアのルートオブトラスト(信頼性の根幹)で、許可されていないソフトウェアのインストールは、ソフトウェアの完全性の証明とセキュアブートによって阻止され、さらにディスク全体の暗号化で、機密性の高い消費者、産業、医療、スマートシティを対象とした用途のプライバシーの要件の順守も容易となる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×