Flatt Security の技術者向け学習プラットフォーム、堅牢化演習言語へ 待望の Java 追加 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

Flatt Security の技術者向け学習プラットフォーム、堅牢化演習言語へ 待望の Java 追加

株式会社Flatt Securityは1月28日、SaaS型eラーニングサービス「Flatt Security Learning Platform」において、「堅牢化演習」の対応言語として新たにJavaを追加したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Flatt Securityは1月28日、SaaS型eラーニングサービス「Flatt Security Learning Platform」において、「堅牢化演習」の対応言語として新たにJavaを追加したと発表した。同サービス内で提供中の「堅牢化演習」では、これまではPythonのソースコードを用いた学習コンテンツのみを提供していた。

同社の「Flatt Security Learning Platform」は、Webエンジニアのためのセキュリティ学習プラットフォームで、一般的なeラーニングとは異なり、攻撃者が用いる手法を体験する「ハッキング演習」や脆弱なソースコードを修正する「堅牢化演習」を通じ、より実践的なトレーニングを一元的に受講可能となる。同社では2020年11月4日にβ版を提供開始している。

同サービスではPythonのソースコードのみダウンロード可能だったが、今回の機能追加で「堅牢化演習」の複数のソースコードから利用したい言語がダウンロード可能となり、修正済ソースコードの提出やテストの実行・実行結果の確認はどの言語のソースコードでも、これまで同様に行える。

なお、2021年4月にローンチ予定の正式版では、社内全体での研修や新卒研修など大規模なセキュアコーディング研修にも活用できるよう大幅に管理画面をアップデート予定。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×