G7策定「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」公表 | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

G7策定「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」公表

日本銀行は11月30日、G7サイバー・エキスパート・グループが策定した「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」を11月24日(米国時間)にG7議長国の米国が公表したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本銀行は11月30日、G7サイバー・エキスパート・グループが策定した「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」を11月24日(米国時間)にG7議長国の米国が公表したと発表した。

金融セクターで提供されるサービスの殆どはITサービスの相互依存に左右され、その原因が故意・悪意のものであるかにかかわらず、ITの停止は重要サービスを提供する組織に重大な影響を及ぼすため、G7サイバー・エキスパート・グループでは、金融セクターの官民ともに定期的にサイバー演習実施の重要性を認識、金融セクターのインシデントへの態勢整備を促すために、「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」を公表した。

「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」は拘束力はないが、各利害関係者にとってサイバー演習計画の策定へ導くツールとしての役割があり、また、法域・分野横断的にサイバー演習計画を策定の指針となる。

G7サイバー・エキスパート・グループでは、「サイバー演習計画に関するG7の基礎的要素」の公表がサイバー演習の実施能力を高め、G7各法域の金融セクターのインシデント対応の向上を目指している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×