「.jp DNSSECキーセレモニー」今年の立ち会いはオンラインで(JPRS) | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

「.jp DNSSECキーセレモニー」今年の立ち会いはオンラインで(JPRS)

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は10月7日、第11回「.jp DNSSECキーセレモニー」を10月6日に実施したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は10月7日、第11回「.jp DNSSECキーセレモニー」を10月6日に実施したと発表した。

キーセレモニーは一般的に、公開鍵暗号方式で用いられる「秘密鍵」と「公開鍵」の鍵ペアを生成する手続きを意味するが、同社では、.jpゾーンのDNSSEC署名に用いるための鍵ペア生成の手続きを特に「.jp DNSSECキーセレモニー」と呼んでいる。

DNSSECの信頼性は、この鍵ペアの生成と管理の手続きが、適切な手順で確実に実施されることで支えられており、「.jp DNSSECキーセレモニー」では第三者が立ち会いの上、確認を行っている。なお、本年は新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、立ち会い形式をオンライン中継に変更して実施した。

第11回となる今回の「.jp DNSSECキーセレモニー」では、国立情報学研究所の今井亮輔氏と株式会社NTTPCコミュニケーションズの村田健氏に立ち会いを依頼、両名は作業実施内容を確認後、作業用チェックシートに署名した。

今回生成した鍵ペアの.jpゾーンへの適用スケジュールは以下の通り。

・11月4日
 .jpゾーンにおける新公開鍵の公開
・11月中旬
 ルートゾーンにおける.jpゾーンの新しいDSレコードの公開
・11月25日
 .jpゾーンにおける旧公開鍵の公開停止
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×