自殺防止のためのリソースを増強、ハッシュタグでスペシャル絵文字も(Twitter Japan) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

自殺防止のためのリソースを増強、ハッシュタグでスペシャル絵文字も(Twitter Japan)

Twitter Japan株式会社は9月10日、自殺防止のためのリソースを増強したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Twitter Japan株式会社は9月10日、自殺防止のためのリソースを増強したと発表した。

世界保健機関(WHO)によると、毎年80万人近くが自殺しており、専門家は危機的状況が長引くと自殺率が高まる可能性があり、COVID-19の世界的な感染拡大が人々に極度の不安を引き起こし、メンタルヘルスの問題を抱え自殺行為に至ってしまう可能性を指摘している。

同社では9月10日の「世界自殺予防デー」に向けて、自殺や自傷行為の防止についての意識を高め、自殺や自傷行為の防止に関する情報やサービスへのアクセスを提供し、その認知を向上させていく取り組みを行っている。

同社は国際自殺予防学会(IASP)と連携を続けており、3年目となる今年も「世界自殺予防デー」のシンボルであるオレンジ色のリボンの形をし23カ国語に対応したスペシャル絵文字の提供を始める。絵文字は9月25日までの期間に、#WorldSuicidePreventionDay(世界自殺予防デー)、#WSPD、#WSPD2020、#SuicidePrevention(自殺防止)などのハッシュタグをつけてツイートすると表示される。

日本でも9月10日から16日の「自殺予防週間」に、#自殺予防週間、#いのち支える、#相談してみよう、#弱音を吐こう というハッシュタグでスペシャル絵文字が表示される。

また、Twitter上で自殺や自傷行為に関係するキーワードを検索すると、検索結果の一番上に、助けを求めるよう勧める案内が表示される。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×