LAPSツールの日本語の導入ガイドを公開、AD環境でのパスワード管理が容易に(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

LAPSツールの日本語の導入ガイドを公開、AD環境でのパスワード管理が容易に(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフト株式会社は8月27日、Local Administrator Password Solution(LAPS)ツールの日本語の導入ガイドを公開したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本マイクロソフト株式会社は8月27日、Local Administrator Password Solution(LAPS)ツールの日本語の導入ガイドを公開したと発表した。

Active Directory(AD)環境への侵害では、ローカル管理者アカウントに設定されている安易なパスワードや複数の端末での同一パスワード利用が要因となり、侵害が広がるケースが報告されており、組織内への攻撃の広がりや侵入拡大を防ぐために、ローカル管理者のパスワードを適切に管理することが重要となる。

LAPSツールはActive Directory(AD)に参加するコンピュータのローカル管理者アカウントのパスワードをADで管理することができる無償のツール。マイクロソフト社では2015年に、LAPSツールの周知を広く始め、今では多くのAD環境で利用されているが、導入ガイドが英語でしか提供されていなかったため、日本では導入に向けたハードルが高く、設定方法が分からないという声も出ていた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×