2019年も標的は引き続き小売業、最近は自動車業界にも注目(BlackBerry Japan) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

2019年も標的は引き続き小売業、最近は自動車業界にも注目(BlackBerry Japan)

BlackBerry Japanは、「BlackBerry Cylance 2020年 脅威レポート(BlackBerry Cylance 2020 Threat Report)」日本語版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
BlackBerry Japan株式会社は4月23日、「BlackBerry Cylance 2020年 脅威レポート(BlackBerry Cylance 2020 Threat Report)」日本語版を公開した。同レポートは、BlackBerry Cylanceの脅威解析チームの分析に基づき、最新の攻撃技術と戦術を検証したもので、企業・団体にとって、リスクの軽減に活用できるガイダンスとなっている。

レポートでは主な解析結果として、「国家の支援を受けた脅威アクターが継続的に進化していること」「容易に高度な攻撃ツールセットが入手できること」「攻撃者がこれまで以上に注目している標的と、その理由に関する分析」を挙げている。また、サイバー攻撃者が標的とする業界が変化しており、特に自動車部門に注目しているという。実際に、APTグループの「OceanLotus(別名APT 32)」は2019年に複数の多国籍自動車メーカーを標的としたキャンペーンを実施しており、解析チームは同グループが設置した新たなバックドアを発見している。

解析チームによると、小売・卸売業界は依然として標的のトップになっているが、全小売業者の約4分の1(23%)が、機密性の高い財務情報の漏えい被害に遭った。2019年に最も拡散した3つの脅威である「Emotet」「Ramnit」「Upatre」は、いずれも小売企業を標的としていた。コインマイニング・オペレーションも小売業者を標的としており、攻撃者の47%がこの分野に影響を及ぼしている。

レポートではこのほか、「仮想通貨の普及に伴い、コインマイニング攻撃が一般化」「MSSPが脅威アクターの高価値の標的に」「クラウドの構成ミスによるデータ損失の拡大」「ランサムウェアの戦術の継続的な進化」「ホスト暗号化マルウェアの使用拡大」といった解析結果を紹介している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×