テレワーク支援で「LanScopeシリーズ」を無償提供(MOTEX) | ScanNetSecurity
2022.01.26(水)

テレワーク支援で「LanScopeシリーズ」を無償提供(MOTEX)

MOTEXは、テレワークを検討中の法人・団体・教育機関など(個人を除く)を対象に「テレワーク無償支援サービス」を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エムオーテックス株式会社(MOTEX)は4月14日、テレワークを検討中の法人・団体・教育機関など(個人を除く)を対象に「テレワーク無償支援サービス」を開始すると発表した。同サービスは、新型コロナウイルス感染症対策で急激に増加するテレワークにおいて、勤務状況の把握・セキュリティの確保などを目的とし、LanScopeシリーズをパートナー企業とともに、無償提供するもの。

無償提供するサービスは以下の通り。
申し込み受付は4月14日から6月30日まで。申し込みは専用フォームから。

1:LanScope Cat
・インストール可能台数:500台まで
・無償提供期間:1カ月間

2:CylancePROTECT Managed Service for LanScope
・インストール可能台数:台数制限なし。
・無償提供期間:1カ月間

3:LanScope An
・インストール可能台数:500台まで
・無償提供期間:60日間

4:Syncpit
・利用可能ユーザ数:500ユーザまで
・無償提供期間:60日間
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×