IoTデバイスの真正性を確保するセキュリティサービスを展開(NEC) | ScanNetSecurity
2020.05.30(土)

IoTデバイスの真正性を確保するセキュリティサービスを展開(NEC)

NECは、企業のDXを実現するセキュアなシステム構築に向けて、IoTデバイスの真正性を確保するセキュリティサービスを7月より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は4月8日、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するセキュアなシステム構築に向けて、IoTデバイスの真正性を確保するセキュリティサービスを7月より販売開始すると発表した。同サービスは、同社のIoTセキュリティ製品と、セキュアに製造されたエッジデバイス、ブロックチェーン技術を組み合わせ、セキュリティサービスとして提供するもの。

サービスの第1弾として、厳密なデバイス認証に必要な証明書機能を搭載したエッジデバイス「NEC AI Accelerator」を中核に、その管理ソフトウェア、IoTセキュリティ製品群を含めたサービスをトータルで提供し、システムをセキュアに保つ。同エッジデバイスは、製造履歴(部品・検査情報等)や物流履歴をブロックチェーンで証跡として記録・管理しており、それ自身の真正性も確保されているという。

同サービスでは、オフィスの顔認証入退で活用するカメラやゲート、経済産業省が発行した「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン」における空調やエレベータなどのビル設備管理、デバイス・コンポーネントレベルでのセキュリティ考慮が必要な産業用制御装置などのIoTデバイスの管理に対応する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×