クラウド環境でもオンプレミスと同じ監視を「Deep Security」で実現(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

クラウド環境でもオンプレミスと同じ監視を「Deep Security」で実現(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、クラウド化を検討しているユーザに向けて「Deep Security 監視サービス」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTデータ先端技術株式会社は1月17日、クラウド化を検討しているユーザに向けて「Deep Security 監視サービス」の提供を開始すると発表した。同サービスは、トレンドマイクロ株式会社の総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」にて顧客のシステムのセキュリティログを収集し、同社独自の脅威情報データベースを備えた分析エンジン「IntellilinkARGUS(インテリリンクアルゴス)」にてリアルタイム分析を実施するもの。

通常時は「Trend Micro Deep Security」の管理マネージャのアップデートやチューニング等を行い、最新のセキュリティ状態を維持。同社のセキュリティスペシャリストが24時間365日体制で監視を行う。インシデント発生時には、迅速にメールや電話にて報告し、適切な対応方法についてのアドバイスを実施する。サイバー攻撃の特定から復旧までを支援するほか、オンプレミス環境と変わらない監視をクラウド環境でも実現する。同社では、2025年度までに100社、10,000台への導入を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×