コネクテッドカーのセキュリティで協業、年内にソリューション展開予定(富士通、Upstream Security) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

コネクテッドカーのセキュリティで協業、年内にソリューション展開予定(富士通、Upstream Security)

富士通とイスラエルのUpstream Securityは、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
富士通株式会社とイスラエルのUpstream Security Ltd.(Upstream Security)は1月16日、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意したと発表した。この協業により、両社はコネクテッドカーのためのセキュリティオペレーションセンター(Vehicle Security Operation Center)向けのソリューションを共同で開発していく。

Upstream Securityは、コネクテッドカー向けセキュリティ技術を保有する企業。同社のクラウドベースの自動車用サイバーセキュリティソリューション「Upstream C4」は、自動車向けセキュリティ脅威情報を配信する「AutoThreat Intelligence」により、コネクテッドカーや関連するサービスをサイバーセキュリティの脅威から守ることが可能となる。

このソリューションを富士通のICT-セキュリティオペレーションセンターに関する技術やビッグデータ処理技術と統合していくことで、コネクテッドカー向けに、車両側だけでなくセンター側の脅威を検知するセキュリティソリューションを開発し、2020年中に日本、北米、欧州の自動車メーカーおよび交通事業者向けに展開する予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×